投稿キャンペーン

映画「オペラ座の怪人 25周年記念公演 in ロンドン」

製作:キャメロン・マッキントッシュ
作曲:アンドリュー・ロイド=ウェバー
出演:ラミン・カリムルー、シエラ・ボーゲス、ハドリー・フレイザー、
セルゲイ・ポルーニン 他

2011年10月、ロイヤル・アルバート・
ホールで収録された公演映像の
スクリーン上映。

昨年も近くで上映されていたのですが、
舞台の映像化があまり好きでなく見送りました。
でも、また別の映画館で上映されることになり、観てきました(笑)。
2年前に日本版(舞台)を観たときに「これで最後」と思ったのですが.....
感想はとても面白かった!
歌に迫力があるのはもちろんですが、演技も上手い。それと結構笑えました。

怪人役はラミン・カリムルー。歌唱は強靭で安定している。
若くて上背があまりないこともあり(?)、かわいく見えるときがあった。
ラウルはハドリー・フレイザー。『レ・ミゼラブル25周年記念コンサート』で
カリムルーはアンジョルラス、フレイザーはグランテールを演じたので、
フレイザーもよく覚えていました。
怪人とラウルはシューマカー監督の映画版と同じように同年代。
違うのは映画版のラウルはお坊ちゃま系だったけど、フレイザーは力強い。
クリスティーヌ役のシエラ・ボーゲスがよかった。
墓場の場面はクリスティーヌ役が弱いときはお休みタイムにして
いましたが(笑)、本作では惹きつけられました。
ハンニバルなどで跳躍が高くて目立っていたダンサーは
セルゲイ・ポルーニン(英国ロイヤル・バレエ団のプリンシパル)。

全般的に楽しかったです♪ 少し残念なのは音があまりよくないこと。
映像と音声がずれたり、歌声がバリバリしたり、オケの音は冴えなかった。
字幕は四季版。日本語で歌うための歌詞で原語の内容とは異なるところがあり、
字幕としては適していないように思いました。

本編終了後、オリジナルキャストのサラ・ブライトマンと
マイケル・クロフォードが登場。
サラ・ブライトマンはますます妖しくなっていて(?)、ブレスが大きかった(汗)。
4人のファントム、コルム・ウィルキンソン、アンソニー・ワーロウ、
JOJ(ジョン・オーウェン・ジョーンズ)、ペーテル・ヨーバックも出てきた。
カリムルーも加わって、5人の怪人がサラに "Sing for me!" と迫る(爆笑)。
JOJの緊張感のある歌声が大好き♪ 
オーストラリアのアンソニー・ワーロウも重量級。
コルム・ウィルキンソンもよく声が出ていた。
ペーテル・ヨーバックは3人とは異質で、初演のマイケル・クロフォード的かも?
華やかなお祭りでした。

*WOWOWで放映があるそうです【3月20日(火・祝)20:00~】
■  [PR]
by moonlight124 | 2012-01-27 23:59 | 映画 | Comments(0)
<< 名フィル第387回定期演奏会 新・旧「山本五十六」 >>